本文へジャンプ過去のトピックス

2018年4月28日
ゴールデンウィーク特別企画 開催
(開催期間 4月28日(木)〜5月6日(日))

郷土博物館と分館モヨロ貝塚館で、ゴールデンウィーク限定の特別企画を開催。

郷土博物館では、子どものおもちゃ資料を中心に展示したミニ企画展「思い出の子ども時代展」、
モヨロ貝塚館では発掘70周年記念パネル展示のほか、5月4日限定企画「貝塚の骨で見るモヨロフード」を開催。
貝塚から見つかった動物の骨をもとに、モヨロの人々が食べていたものを知ることができる企画となっています。

2018年2月1日
「子どもたちの昭和展」開催
(開催期間 2月1日(木)〜3月31日(土))
玩具や学校の道具などの子どもたちに関する生活資料を展示解説しています。
昭和50・60年代の子ども部屋の再現や、紙芝居屋の自転車がある空き地の再現など、懐かしの子ども時代を思い起こせる展示となっています。

2017年11月3日
2階展示室をリニューアルしました
昨年、開館80周年を記念して1階の展示替えを行いましたが、今年は引き続き2階展示室の展示替えをおこないました。
網走の歴史をより分かりやすく、そして、特徴的な博物館の建物もより見やすくなりましたので、ぜひご覧ください。

2017年8月1日
「桂ヶ岡公園の自然展」開催
(開催期間 8月1日(火)〜9月30日(土))
エゾリス、野鳥、植物、キツネ、エゾシカ……
身近な自然あふれる桂ヶ岡公園の四季折々の自然について展示解説しています。
モモンガやエゾリスに変身できるなど、体験展示も盛りだくさんです。

2016年12月1日
「網走の昭和の歩み展」開催
(開催期間 12月1日(木)〜2月28日(火))
戦前・戦中・戦後に分けて網走の昭和の歩みを展示解説しています。
実際に網走の方々が使っていた生活用品や当時の網走の写真などがずらりと並び、昭和の居間や学校給食も再現しています。

2016年11月3日
1階展示室をリニューアルしました
今年の11月3日、郷土博物館は開館から80周年を迎えました。
80周年を記念して、1階の自然展示室の展示替えをおこない、より網走の動物や植物についてわかりやすく、そして、田上義也氏が手掛けた特徴的な建物の構造もより見やすくなりました。
ぜひご来館ください。

2016年9月17日
モヨロまつり」(9月17日(土))開催
昨年より「食」も「体験」もパワーアップ!
火起こしや弓矢、モヨロにまつわる物販などなど。
150個限定のプレゼントや100食限定モヨロ鍋無料提供もあります。

2016年8月2日
「大!骨展−網走の動物の骨格標本展−」開催
(開催期間 8月2日(火)〜9月30日(金))
展示室がすべて骨だらけ!
10mのツチクジラから、小さなネズミまで、網走とその周辺の動物の骨格標本で展示室を埋め尽くします。
その数なんと100点以上。
この夏は魅惑の骨格標本の世界にハマってみませんか? 

2016年2月25日
「網走の絵馬展」開催
(開催期間 3月1日(火)〜3月31日(木))
 今回の特別展では、絵馬を通して歴史を知っていただくことはもちろん、船絵馬の色遣いや、愛嬌を感じる乗組員の表情まで、実物だからこそ感じることのできる味わいをお楽しみいただけます。

2016年2月10日
新着収蔵資料展示中
 平成27年度に寄贈いただいた新着収蔵資料を本館2階にて展示中です。
1月16日の新着収蔵資料説明会でもご紹介したフィルムコンパクトカメラや蓄音器、8o映写機など、懐かしい品々が並んでおります。

2015年10月15日
「モヨロまつり」(10月24日(土)開催)
 モヨロ貝塚館で、さまざまな「体感」「体験」「発見」「創造」をしよう!味覚と物販もお楽しみ。

2015年9月30日
ミンククジラの巨大骨格標本展示中

 現在モヨロ貝塚館前で、全長8メートルもあるミンククジラの骨格標本を展示しています。これは、7月25日に開催した「骨で組み立てるモヨロのクジラ」の行事において、参加者が組み立てたものです。モヨロ人とも関わりの深いクジラ、11月中旬まで展示予定です。 

2015年9月14日
ハチの生態展示が入れ替わり

空になったエゾオオハナマルバチの巣箱

モンスズメバチの巣(白く見えているのはさなぎです)
 現在開催中の特別企画展「ハチ展」で行っていたマルハナバチの生態展示ですが、8月30日に女王バチが死亡してしまい、巣箱は空になってしまいました。
 残念と思いきや、9月7日に市郊外の施設でスズメバチの巣を駆除した際に、幼虫やさなぎが入った巣をもらうことができ、展示することにしました。さなぎが羽化する様子などが観察できますので、一度特別展に来た方もぜひご覧ください。

2015年8月27日
民俗資料収蔵展示施設で昔のくらしを体験しよう!
 9月7日(月)から13日(日)の1週間、旧丸万小学校の収蔵庫を開放するにあたり、1日限定で様々な資料を実際に使用できるイベントを次のとおり開催します。昔使ったことがある方も、初めて見る方もどうぞ楽しんでください。  

2015年7月29日
「きっとなかよくなれる!」『網走のハチ展』開催
 (開催期間 8月1日(土)〜9月30日(水))
 この夏の特別企画展では、網走とその周辺で確認された〔蜂=ハチ〕の世界について、ご紹介します。
 巣作りの観察経過記録やマルハナバチの25倍リアル模型、ポスタ−体験など様々な趣向を凝らしていますので、ご家族みんなでお越しださい。  

2015年7月8日
新収蔵資料の入れ替え
     
 郷土博物館2階の「新収蔵資料」展示資料を入れ替えました。この資料は、北海道のアイヌ語に基づく地名を道内地図とともに細かく記したもので、帯広市在住の方が作成したものです。
 博物館のお越しの場合は、ぜひご覧ください。 

2015年6月5日
戦後網走で操業していた捕鯨船の模型が登場
 郷土博物館2階の「近代の歴史」展示室にある捕鯨資料コーナーに、新資料として「捕鯨船模型」を展示しました。今回博物館に寄贈されたこの模型は、昭和 25年頃に網走で操業していた捕鯨会社大手の大洋漁業の捕鯨船で、製作された方は実際に船員として働いていた方です。細部までとても精巧に作られています ので、ぜひご覧ください。

2015年4月28日
オホ−ツクのカニ・カニ・カニ♪
 網走で「カニ」が旬を迎えるのに合わせ、モヨロ貝塚館でミニ企画展を実施します。モヨロ貝塚からもカニが出土していることから、1300年前のオホーツク文化・モヨロの人々も利用していたことがわかっています。オホーツク海で暮らす様々なカニをご堪能ください。(注:食べれません)
 また、博物館1階の甲殻類展示も一部更新しました。

2015年4月14日
講演会のお知らせ
 網走港での「知られざる」海鳥の繁殖の実態について、講演会を行います。講師は、友の会会員の渡辺義昭さんです。
 皆様のご参加をお待ちしています。

2015年3月31日 
友の会総会のお知らせ
 開催日時 4月7日(火) 18:30〜(ソレイユ網走)
 
 昨年度の事業報告、決算報告及び、今年度の予算案及び事業内容について協議いたします。
 出欠確認は取っていませんので、直接お越しください。     

2015年2月19日 
特別企画展「網走の昔くらし展」のお知らせ
 開催日時 3月1日(日)〜3月31日(火)
 
今回の特別展では、当館所蔵の民俗資料の展示を通して、網走での明治期から昭和期までの人々のくらしについて紹介します。

2015年2月3日 
シャチの親子雪像
 ヨロ貝塚館前に今年の冬も巨大雪像が登場!今回はほぼ実物大のシャチの親子が海面を泳ぐ姿を作りました。モヨロ貝塚の9号住居の祭壇からもシャチとみられる土製品も出土しており、モヨロ人にとってシャチは、クマと並び神聖な存在であったようです

2015年1月20日 
オオワシ現る
 1月7日にモヨロ貝塚の森で撮影したオオワシです。モヨロ貝塚はオホーツク海と網走川のほとりに位置しているため、冬期はオオワシやオジロワシが立ち寄ります。オジロワシはよく見られますが、オオワシを観察できることはそう多くはないですので、貴重な1枚です。

2014年12月22日 
猛吹雪
 12月17日と18日に猛威をふるった爆弾低気圧の影響で北海道は猛吹雪に!博物館がある桂ヶ岡公園でも、強風と湿った雪の重さでアカマツが数本折れました。写真は折れた木が電線にぶら下がっている様子で、危うく大惨事になるところでした。両日とも博物館・モヨロ貝塚館は臨時休館となりました。

2014年12月1日 

エゾタヌキに遭遇
 車を運転中、エゾタヌキに遭遇!野生のタヌキを間近で見たのは今回が初めてです。恐る恐る近づいてみると、どうやら車に轢かれたあとらしく、奇声を発しながらのたうちまわっていましたが、その後立ち上がり草むらの中に入っていきました。(11月1日名寄市において) 

2014年10月10日

10月8日(水)に皆既月食観察会を開催しました。
 皆既中、赤黒い月のすぐ近くに天王星を観測することができました。皆既中でなければ、月の明るさで観測することは難しいのですが、皆既中は双眼鏡でも観測できました。  

2014年10月1日

皆既月食観察会のお知らせ
 10月8日(水)は皆既月食が見られ、食の始めからほぼ皆既食の終わりまでを観測します。街灯のないところでは、皆既中、夏の星が輝いて見えます。  

2014年9月4日

モヨロ文化市民講座開催のお知らせ
日時:9月20日(土) 午後2時〜3時30分
場所:エコーセンター2000  大会議室
 
 モヨロ人がどんな顔や体つきで、どこから来て、子孫はどこへ消えたのか、人骨研究やDNA分析から解明されてきた最新の学説を分かりやすく紹介する講演会です。
2014年7月17日

特別企画展のお知らせ(9月30日まで
開催日:8月1日〜9月30日
場 所:郷土博物館特別展示室

 本特別展では、「虫を採る」をテーマに、網走に住むさまざまな昆虫を紹介します。
2014年6月13日

昆虫トラップ

 今年の夏の特展は、「網走の昆虫展」を予定しています。その標本作りのために、郷土博物館前に昆虫トラップをしかけました。
 トラップにかかってしまった虫たちには気の毒ですが、毎日何が入っているか楽しみです。
2014年5月9日

網走の桜が開花
 5月7日に網走の桜が開花したとの発表がありました。平年より4日早く、もっとも遅かった昨年より18日早い開花とのことです。
 上の写真は、博物館のすぐ近くにある標本木のエゾヤマザクラです(5月9日撮影)。市内の街路樹ではすでに満開になっているところもありますが、桂ヶ岡公園が満開になるにはもう少しかかりそうです。
 週末は、桜の名所である桂ヶ岡公園でお花見はいかがでしょうか?
2014年4月15日

総会を開催しました
会報モヨロを発行しました。

 4月8日に総会を開催しました。 今年度の事業計画も決まり、年間行事も決定しました。
 
 友の会会報「モヨロ」No.48が発行されました。総会を欠席された会員の方には近日中に発送いたします。 購読希望の方は、郷土博物館休憩室でご覧ください。